毎日ゆかり

ふりかけのゆかりをひたすら食べて紹介します

からあげ × ゆかりゴマ入り

f:id:megaya0403:20180124154739j:plain

 

 

からあげ × ゆかりゴマ入り
 

※ 商品名は正確には「胡麻入り」であるが、見やすさを考慮してカタカナで表記

 

評価

 

 

f:id:megaya0403:20180124154715j:plain

 

 

 

感想

 

子どもから大人まで大好きで、お弁当の定番とも言える唐揚げ。嫌いな人はいないんじゃないかってくらい食卓に並ぶと誰もがテンションがあがる料理だと思う。

 

皮もパリパリで脂っこさもある唐揚げには、和風のゆかりも合うんじゃないかと思い、今回はゴマ入りをチョイスした。

 

たしかに美味い。美味いのだが、それでもやはり『唐揚げがあってこその味』という域を抜けていない感がするのだ。突き抜けがいまいち足りないような気がしてならない。

 

ゴマがいいアクセントになっているのは間違いないのだが、それはあくまでもゴマの力であり、ゆかりの能力を存分に引き出せているとはいえない。

 

何よりも一番の問題はからあげの皮がパリパリなので、ゆかりが上手に絡まないのである。これはゆかりと食材を組み合わせたときによくある話しで、僕はこれを『ゆかりの皮流れ』と呼んでいる。

皮があるパリパリなものや、スベスベなものはこの皮流れ現象が起きてしまうのだ。みかんなどにゆかりをかけたときにも起きる現象だ。

 

なので、オススメの食べ方としては、一口かじったあとに唐揚げの肉部分にゆかりをかけるのが良いだろう。もしそれが面倒であれば、別皿にゆかりを出しておいてディップするのも良いかもしれない。

少し手間はかかってしまうものの、唐揚げで食べる際はディップ方式がよりゆかりを感じられる。

 

揚げ物とゆかりの可能性はまだまだ無限大だ。砂漠でダイヤモンドを探すように、これからもゆかりを揚げ物にかけ続けていきたい。

 

 

 

三島食品 ゆかり胡麻入り 24g×10袋入